自分の才能に蓋がしまっていないですか?

ジャンプ

東京都青梅市/羽村/福生
好きを仕事に!大人女性の学びの場
チョークアートプロ資格取得スクール
ネイルサロン

 

Solo uno(ソロウノ)
MCA認定講師、ネイリスト歴20年
茂木あかねです♪

 

 

自分の才能に蓋がしまっていないですか?

 

わが家の双子の元保護たち
もともと少しアレルギーがあるようで
ときどき容赦なく
かきまくることがあるんですw

 

2匹のねこ

 

 

目が開けれなくなるくらい
真っ赤にしたり耳の中まで
ずっと掻いてて見てるだけで

 

か、か、痒い・・

 

たまにどっかノミでも
くっついてるのかなと思ったり^^;

 

そんなノミにまつわる
「ノミとコップのお話し」を
今日はさせていただきますね

 

ノミって体長1ミリ以下から
9ミリくらいあるんですって
(想像より大きくてびっくりw)

 

 

そんなノミさん
後ろ足がとっても発達してて
自分の体長の60倍の高さ
約100倍の距離を飛躍できるそうです

 

人間に例えると
身長170センチの人がジャンプすると
1700メートルくらいになるので
もはやドラゴンボールのような世界ですねw

 

 

ちょっとした山ならぴょーん
ということです

 

そんなものすごいジャンプ力がある
ノミを伏せたガラスコップに閉じ込めてみます
コップは透明なのでノミは閉じ込められたことに
気づきません

 

自分の跳躍力でぴょーんと
飛んでみます

 

当然見えない壁や天井にぶつかって
ぽとっと落ちてしまいます

 

ぴょーん  こつん  ぽとっ

 

??

 

ぴょーん  こつん  ぽとっ

 

??

 

何度も繰り返して飛んでみますが
そのうち飛ばなくなります

 

 

そうなってしまったノミは
ガラスコップの蓋をはずしても
二度と飛ばなくなります。。

 

 

自分はこれくらいしか飛べないんだ

 

諦めて高く飛ぼうとすらしなくなるそうです

 

不思議ですね
以前は飛べてたはずだし
飛んだこともあるのにですよ

 

だけど

 

このノミをもう一度コップより
高くジャンプさせる方法があるんです

 

なんだかわかりますか??

 

 

それは

 

もう1匹の高くジャンプできるノミを
隣に置くことです

 

飛べないノミもほかの飛べるノミを
見ることで自分自身を取り戻し
また飛べるようになるこということ♪

 

ジャンプ

 

これはわたし達人間にも
同じことが言えると思うんです

 

 

子どものころは
みんな一度は絵を描いたことがあって
純粋に楽しんでいたことも
あると思います

 

学校やお友だち同士で
仲良く描いた経験ありますでしょ^^♪

 

だけど大人になって
絵を描くことから離れてしまって
もう一度やってみるのが怖くなって
しまっていたり・・・

 

 

自分で限界を決めず
仲間がいる環境に身をおけば
可能性は広がりますよ^^

 

 

自分のすきなことを同じように
すきな人と同じ時間を共有できる
体験レッスンは

 

 

マンツーマンまたは少人数制で
開催しています^^
↓↓↓
【9月募集】簡単3ステップ♪チョークアートで映えるハロウィンボード作り

 

ほんとは高く飛べる能力を持っているのに
自分が思い込んだ限界に縛られて
諦めてしまったノミさん

 

 

「バカだなぁ」って笑えない自分に
気がつきました

 

人間はノミとちがって
自分でブロックに気づけることで
初めてその蓋をとることができます^^

 

 

絵を描く女性

 


本日はここまで

さいごまでお読みいただき
ありがとうございました♡

 

 

*レッスンのご案内*


簡単3ステップ♪チョークアートで映えるハロウィンボード作り



9月23日(金)13:30~15:30
9月26日(月)11:00~13:00


ご予約・お問合せはこちらから♪
↓↓↓
ここをクリック

 


【チョークアート資格取得コース】

チョークアート資格取得講座に
ご興味あるかたはこちらも併せてお読み
いただけたら嬉しいです
↓↓↓
ここをクリック

 

 

*講師プロフィール*

 

絵を習うのに年齢は関係ありません
才能やセンスと思われることが多いですが
練習すれば必ず上達します^^

またセンスは後からついてきます♪

 

一生もののスキルが身につく
チョークアートの「学ぶ楽しさと楽しく学ぶ」
をお伝えしていきたいと思っています♪
体験レッスンや説明会のご希望の方は
ご連絡くだされば嬉しいです^^*

 

ご予約、お問合せ、ご質問♪

 

↑ポチッと押して頂ければお問合せフォームへとびます♪